マナーを守って参加しよう|葬式での心得をしっかりする

葬式

参列者の喪服のマナー

葬儀

かつては通夜には「取り急ぎ駆けつける」という意味で喪服は着ないものとされていましたが、現在の葬式はほとんどの人が喪服を着用します。女性は勤務先から葬式会場に出向く場合や参列後出社する場合は黒のスーツやアンサンブルを喪服にして仕事中はジャケットだけ着替えればよいでしょう。スカート丈は膝が隠れる程度で、タイトスカートやミニスカートは避けます。ストッキングは以前はナチュラルストキングでも良かったのですが、現在は黒を履くのが原則です。髪型はロングヘアは地味にまとめ、メイクも控えめにしましょう。口紅は赤いリップカラーやツヤグロスはやめてティッシュで押さえてマットに仕上げます。靴は黒で光る飾りのないものを選びます。

男性の場合はビジネススーツの中でも濃い色で無地に近いものはダークスーツと呼ばれ、冠婚葬祭の略礼装に準じるものとして認められています。自分の親兄弟などごく親しい人が亡くなった場合を除いてダークスーツに黒ネクタイがオールマイティの喪服と考えてよいでしょう。ワイシャツは白無地でカラーシャツは避けます。スーツは無地のものが望ましいですが目立たないストライプなどの柄物も許容範囲です。また、葬式に黒ネクタイは必須マナーです。こういった服装のマナーは参列者側のみならず、喪主となる側もきちんと考える必要があります。ただ初めてだと分からない場合もあります。そのときには、葬式を依頼する専門業者に、葬式の流れや準備するものなどと一緒に確認してもいいかもしれません。そうすれば専門業者が最低限のマナーを伝えてくれるでしょう。いまは専門業者によって喪服のレンタルサービスを実施しているところもあるので、葬式を依頼するときには、レンタルサービスの有無も確認したほうがいいでしょう。